「Society5.0とエネルギーが連携した新たなビジネスとは」登壇のお知らせ

NEWS

2017年11月29日(水)に、JPタワーホール&カンファレンス「ホール2」にて開催される、東京商工会議所主催の「Society5.0とエネルギーが連携した新たなビジネスとは」に、弊社 代表取締役の曽我部が登壇します。

当日は、以下3点ををテーマとして、パネルディスカッションを開催します。
このパネルディスカッションは、東京都内を含む全国各地の中小企業の方々をを対象に、最新の情報と知見を提供する機会を設けて時代の流れに合わせた新しいビジネスモデル検討のきっかけにしていただくことを目的としています。中小企業の方々がIoT化進展の流れの中で新しいビジネスモデルを構築するためのヒントになるような内容の予定です。皆様のご参加をお待ちしております。

<テーマ>
・エネルギーミックス(S+3E)の実現と地球温暖化対策の両立
・IoTやAIなどが形成する超スマート社会、Society5.0におけるエネルギー関連産業の構造転換と新しいビジネスモデル
・地域の特性をとらえた中小企業の新たなビジネス展開

■開催概要■
イベント名:Society5.0とエネルギーが連携した新たなビジネスとは
日 時:2017年11月29 日(水) 13:30~16:00(開場:13:00)
会 場:JPタワーホール&カンファレンス ホール2 (〒100 -7004 千代田区丸の内二丁目7番2号 KITTE 4階)
アクセス:http://www.jptower-hall.jp/access/
対 象:テーマにご関心のある方
定 員:200名(受付は先着順となりますので、お早めにお申し込みくださいませ。)
参加費:無料(事前申込制)

■プログラム■
13:40 基調講演:柏木孝夫氏
14:00 パネルディスカッション
15:30 特別講演:経済産業省(調整中)
16:00 閉会

<パネルディスカッション・モデレーター>

柏木 孝夫 氏
東京工業大学 特命教授・名誉教授
科学技術創成研究院 先進エネルギー国際研究センター長
1946年東京生まれ。70年、東京工業大学工学部生産機械工学科卒。79年、博士号取得。1980~81年、米国商務省NBS招聘研究員、東京工業大学工学部助教授、東京農工大学大学院教授、同大学評議員、図書館長などを歴任後、2007年より東京工業大学統合研究院教授(現・科学技術創成研究院)、2009年より先進エネルギー国際研究センター長、12年より特命教授・名誉教授。 2011年より、(一財)コージェネレーション・エネルギー高度利用センター(コージェネ財団)理事長。現在、経済産業省 総合資源エネルギー調査会基本政策分科会委員、内閣府 エネルギー・環境イノベーション戦略推進WG座長などを歴任し、長年、国のエネルギー政策づくりに深く関わる。

<パネルディスカッション・パネラー>
◎竹内 純子 氏
NPO法人国際環境経済研究所理事・主席研究員
21世紀政策研究所研究副主幹
筑波大学客員教授
慶応義塾大学法学部法律学科卒業。1994年東京電力入社。環境部門を主に経験し、2012年より現職。地球温暖化の国際交渉や環境・エネルギー政策への提言活動等に関与し、国連の気候変動枠組条約交渉にも参加。産業構造審議会産業技術環境分科会地球環境小委員会委員、水素・燃料電池戦略協議会委員等の政府委員、アクセンチュア株式会社のシニア・アドバイザーも務める。環境・エネルギー政策論に幅広く提言を行なっている。

◎宮脇 良二 氏
アクセンチュア株式会社 公益事業部門統括マネジング・ディレクター
一橋大学大学院国際企業戦略研究科修士課程(金融戦略・経営財務)修了。電力会社や都市ガス会社を中心としたコンサルティング業務に約20年携わる。マーケティング戦略や組織戦略の策定からIT戦略立案をはじめ、近年は電力システム改革やデジタル化に向けたトランスフォーメーションの支援を中心に担当する。2011年から現職。

◎曽我部 完
株式会社グリッド 代表取締役

■お申込み方法■
下記リンクよりお申し込みください。
http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-80249.html

■お問い合わせ■
東京商工会議所 産業政策第二部
〒: 100 -0005
住所: 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル
TEL: 03 -3283 -7836
FAX: 03 -3213 -8716
E-mail:sansei2@tokyo-cci.or.jp

■個人情報のお取り扱いについて■
お申し込みの際にご提供いただいたお客様の情報は、当該イベントの申込受付の管理、運営上の管理の利用するほか、東京商工会議所が主催する各種事業のご案内(DM及びFAX)のために利用させていただきます。ご案内が不要の場合には備考欄にその旨をご記入ください。

 

 

Page top