【登壇レポート】「第3回 AI・人工知能 EXPO」の特別講演に弊社代表取締役曽我部が登壇しました。

NEWS
2019年43日(水)東京ビッグサイト青海展示棟(〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1)に開催されたリード エグジビション ジャパン株式会社主催「第3回 AI・人工知能 EXPO」の特別講演に、弊社代表取締役曽我部が、「AI開発プラットフォームを活用した次世代の予測・最適化技術について」と題して、登壇しました。

本セミナーでは、弊社が提供しているAI開発プラットフォーム「ReNom」を使ったAI開発手法と活用事例をはじめとして、スマートシティでの輸送最適化や電力システムの最適化など、予測技術と最適化技術を組み合わせながら、社会に対して最適化ソリューションを提供していくと紹介しました。また、量子コンピュータ向けアプリケーション開発フレームワーク「ReNomQ」 をリリースするなど、内容の濃いセミナー時間となりました。

曽我部のセッションは3,345名方々にご聴講頂き、おかげさまでセミナーは大盛況のうちに終了することができ、このような貴重な機会を頂いたリード エグジビション ジャパンの皆さま皆さまに厚く御礼申し上げるとともに、当日ご参加頂いた皆さま、どうも有難うございました。

弊社は今後も様々なセミナーへの登壇やイベント出展など行っていく予定です。また、皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

Page top