【登壇レポート】第5回 ReNomユーザーコミュニティ「機械学習/DL/TDA」 において弊社エンジニアの諏訪が登壇しました。

NEWS

2月21日(水)19時より、Innovation Space DEJIMA@五反田において、第5回ReNomユーザーコミュニティ∞ReNom User Group (RNUG) #5を開催しました。

2018年1回目の開催となった今回のテーマは、「機械学習/DL/TDA」。ReNom最新情報として、#4でも紹介のあった物体検出アプリケーションのアップデートをお届けし、 企業からの講演では、TIS様、CTC様、zero to one様より講演して頂きました。そして最後に、12月に発足したAIビジネス推進コンソーシアムについて紹介しました。

■「∞ReNom User Group ( RNUG )」とは
2017年7月にスタートした、人工知能・データ分析の技術を活用し、実ビジネスに役立てたいと考えられている方たちのコミュニティ。 分野を越えて最新情報やノウハウの情報交換を行うことで、人工知能の先進的な価値を生み出す場として活用いただいています。GRIDの機械学習/深層学習のフレームワーク「ReNom」の最新情報を提供するとともに、コミュニティメンバー同士のノウハウ・事例の共有、ハンズオン、ワークショップなども開催予定です。

今回は約70名にご参加いただいた「∞ReNom User Group (RNUG) #5」。まずは、オープニングセッションとして、GRIDテクノロジーソリューショングループ諏訪より、「ReNomを用いた物体検出アプリケーションの展開」と題して、車載システムやデジカメなどで使用されている「物体認識」の仕組みを紹介しながら、ReNomを用いた物体認識手法をわかりやすく解説しました。登壇当日は、ReNomに画像認識アプリケーションを追加したことをプレス発表しており、「ReNomIMG」と「ReNomTAG」について、デモをお見せしながら紹介しました。

<プレスリリースはこちら>
「機械学習/深層学習フレームワーク「ReNom」に画像認識アプリケーション追加のお知らせ」

 

続いて、企業からの講演では、TIS様、CTC様、zero to one様より講演いただきました。まずは、TIS株式会社AIサービス企画開発部 Adrien Baland氏より、「ReNomでのケーススタディ:帳票処理の自動化」と題し、どうやって違うモデルを組み合わせて、実ビジネスで直面している問題を解決できるかについてご紹介いただきました。

 

 

続いて、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 AIビジネス推進部 部長 照井 一由氏より、「CES2018から占う今年のAIトレンド」と題し、2018年1月9日~12日に米ラスベガスで開催された米国最大のコンシューマーエレクトロニクス関連の展示会「CES 2018」への参加者として生のレポートを紹介していただきました。

 

 

さらに、株式会社zero to one 代表取締役CEO 竹川 隆司氏より、「高度IT人材の効果的育成に向けて 〜zero to oneの取り組みとReNomチュートリアル連携〜」と題し、米国の先端モデルを取り入れ、オンラインを中心に同分野の教育コンテンツ開発と提供についてや、弊社と進めるReNomチュートリアルとの連携についてご紹介いただきました。

 

 

そして最後に、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 AIビジネス推進部 寺澤 豊氏より、「AIビジネス推進コンソーシアムについて」と題し、AIに関する技術や事例を共有しビジネス協業の促進を目指す本コンソーシアムについてご紹介いただきました。

 

 

プログラム終了後の懇親会では、今回登壇いただいた方々へのご質問、参加者のみなさんそれぞれの取り組みや悩みの共有など、活発なコミュニケーションが生まれていました。

 

ご参加いただいたみなさま、会場にお越しいただきましてありがとうございました。さまざまな業界のReNomユーザー様同士の交流が生まれることで、新しいアイデアが生まれ、人工知能・データ分析の技術を実ビジネスに役立てていただけるよう、今後も取り組んでまいります。そして、是非、皆さまより、ReNomを使用した方からの発信や感想、Analyticsに関する技術的な発信、RNUGで開催してほしい企画などをお聞かせ頂けると幸いです。

次回RNUG #6は、2018年4月12日にTIS株式会社が運営するコワーキングスペースbit & innovation@西新宿にて開催します。イベント内容とコンテンツは確定次第、更新しますのでお楽しみにしていてください!皆さまのご参加を心よりお待ちしています!

 

RNUG情報はFacebookでもチェックできます!
https://www.facebook.com/rnugjp/

Page top