San Franciscoに行ってきました!!

NEWS

1月中旬、出張でサンフランシスコを訪問しました。
サンフランシスコの気候は非常に過ごしやすく、坂の多い街並みも非常に幻想的でした。実際に見てみると、多くの映画の舞台になっている理由にも納得です。

go-to-サンフランシスコ_01-10

 

 

今回は世界のトップを走るGoogle本社と、スタンフォード大学見学について触れたいと思います。

 

いまや、「ググる」という動詞になるほど生活に浸透しており、検索エンジンのトップをひた走るGoogle。
また、近年は言語・画像識別の分野以外での人工知能の開発に積極的に取り組んでおり、人工知能自身による猫の写真を学習し識別する事例や、自動運転技術の開発に取り組んでおり、世界の人工知能の開発を牽引しています。
開発拠点となるGoogleの本社は、Google Townと呼ばれるように、まさに一つの街を形成しています。
その中でも、おそらく一番有名な建物(写真1)の前で記念撮影をしてきました。

 

go-to-サンフランシスコ_02-1

(写真1)

社員はGoogle本社、、、改め、Googleタウン内が広大なため、移動をGoogleカラーの自転車に乗って移動していました。また、スーツを着ている人は皆無で、イメージ通りの自由な雰囲気が溢れていました

 

続いては、スタンフォード大学です。

go-to-サンフランシスコ_03-1

 

スタンフォード大学は、サンフランシスコから約60 km南東に位置しており、地理的にも、歴史的にもシリコンバレーの中心に位置しています。

また、各種の大学ランキングで非常に高い評価を得ており、

  • USNews2011学部課程総合ランキング全米5位
  • USニューズ2008学部課程総合ランキング全米4位
  • 2006年度世界大学ランキング第2位

というように、世界トップクラスの大学です。

卒業生はYahoo創始者、Google創始者、ヒューレットパッカード創始者等、挙げたらキリがないくらいIT系以外でも有名な卒業生が多方面で大勢います。

 

大学の敷地面積は世界2位の広さを誇り、東京ドーム700個分と広大です。敷地の中には講義棟がいくつもあり、そのほかにもスタジアム、野球場、陸上競技場、ゴルフコースといった全米でも屈指の運動部用の充実した施設や、世界中から集まる教授や、その家族のための居住レジデンスエリアがあます。

厚い待遇で世界中から集められる教授陣に加え、緑豊かな学び舎、溢れる自由な雰囲気を実際に肌で感じると、新しい発想がここから次々と誕生する理由がわかる気がしました。

 

以上、サンフランシスコレポートでした。

第3事業部

Page top