データの前処理を直感的に

ReNom | ReNom DP

AI開発に欠かせない、データそのものの理解を深めるプロセスをサポートするWEBアプリケーション「ReNom DP」は、「数値データの全体を把握したい」「時系列データのどの部分が重要なデータなのか確認したい」とのユーザーの声から開発。データを取り込むだけで、データの概要を速やかに把握することができます。時系列データはデータの欠損部分が一目でわかるため、補間方法を画面で選択し確認しながら、欠損補間できます。重要なデータはどの部分なのか、どこが必要なのか、直感的に把握できるので、データの特徴を掴んだ上で、次の作業工程へとスムーズに進むことができます。

 

CSVファイルを読み込むと、Histgamと情報が表示され、時系列データがある場合は、Time Seriesを選択すると時系列データが表示されます。上部のタイムバーを動かすことで、時間を選択でき、データの全体と部分とを一目で確認できます。欠損部分は、マウスオーバーで補間方法を選択し、箇所の欠損部分で補間方法を選択すれば全ての欠損部分が同じ補間方法で補間・反映されます。下部のタイムバーを使えば、エクスポートしたい時間を選択し、必要なデータのみを抽出することができます。

Page top