AIがもたらす金融サービスのデジタル革命

Project | 金融

伝統的な金融サービスは、超低金利と高コストなビジネスモデルが足枷となり新興企業が提供するFintechサービスやTech Giantsが展開する革新的な金融サービスと比べて、競争優位性の確立が困難な時代となっています。GRIDは、AIの民主化を進めて、全てのソリューション(例えば、RPADroneなど)に金融機関自らがAIの強力な解析力や予測力を活用できるEverywhere AIを推進しています。審査業務効率化、リテールマーケティングの収益力向上、ホールセールビジネスの営業力強化、不正口座・不正取引などの未知の不正パターンの検知など、さまざまな分野に応用できるソリューションを提供しています。

審査・査定業務の効率化

審査業務の課題は、コスト削減、自動化、リードタイムの短縮化にあります。例えば、現在数日かかる住宅ローンや無担保融資の申込において、お客様のCXを最大化するためには、モバイル端末に数秒で審査結果を表示することが求められます。これらのKGI/KPIを実現するために、AI OCRによるFAX申込の自動振り分け、RPAを活用した基幹システムへの入力処理との自動連携、AI与信モデルによるスコアリングなどのAIソリューションを有機的に組み合わせることで、審査業務全体のコスト削減を実現することが可能となります

 

リテールマーケティングの収益向上

超低金利時代において、収益性を最大化する鍵は、リテールマーケティングにおけるデータ活用とリアルタイムレスポンスにあります。これまでは、人が多大な労力をかけて顧客属性と行動を分析していましたが、この業務にAIを導入することで、クロスセリング確率の高い顧客や解約リスクの高い顧客をリアルタイムにフォローすることができるようになります。また、既存のマーケティングオートメーションツールにAIを組み込むことで、ルールベースのスコアリングロジックの調整やメンテナンス業務を効率化・高度化することが可能となります。

 

未知の不正検知(金融犯罪対応)

システムの複雑化や手口の巧妙化により、金融犯罪(サイバー攻撃、不正口座利用、不正送金、マネーロンダリング など)への対応は益々、困難さを増しています。また、新たな不正取引パターンに 遭遇した場合、過去蓄積した知見やシステムがほとんど機能しないリスクもあります。そのような未知の不正に対して、ReNom TDAを活用することで、複雑な不正取引パターンの全体像を可視化し、 異常な振る舞いをする取引を特定することが可能となります。未知の不正検知ソリューションを既知の仕組みに組み込むことで、新たな脅威に備えることができるようになります。

Page top