ESG

Project | ESG

サステナブルな社会の実現へ

ESG視点で意思決定するための
テクノロジー

グリッドは、独自の先端AI技術と豊富な社会インフラのドメイン知識をもとに開発した「デジタルツイン シミューレーター」により、お客様の経営指標を考慮しつつCO2排出量の削減による脱炭素化への貢献を支援します。

膨大なエネルギーを必要とするインフラ業務をデジタルツイン上に再現し、業務全体を最適化することで従来のオペレーションでは困難であったエネルギーの大幅な削減を可能にします。

お問い合わせ

 

ESG経営をもたらす3つのValue

01.自社ビジネスのCO2を
「見える化」から「削減」まで

お客様のビジネスでのCO2排出量の見える化とCO2削減・コスト削減を同時に実現します。
単なる「見える化」ではなく複数シナリオからCO2の発生に強い影響を与える因子を絞り込み、該当因子に対し具体的なCO2削減策を講じることが可能です。

<

02.サプライチェーン全体の
最適化で、排出量削減効果向上

 

サプライチェーン排出量の管理では、事業者自らの温室効
果ガスの排出量であるScope1(直接排出量)およびScope2
(エネルギー起源間接排出量)だけでなく、Scope3(その他
間接排出量)も含めた企業の事業活動に関連したサプライ
チェーン全体での排出量管理と対外的開示が求められつつ
あります。
サプライチェーンの上流から下流まで全体の排出量を見える化
し、最適化することでサプライチェーン排出量全体の削減を実
現します。

 

03.ESG指標とPL・BS・ CFの
バランスを図る

 

単なるCO2削減試算ツールとは異なり、売上、利益、在庫、投資額など本業への影響を考慮した複数シナリオを検討することが可能です。その中から最良の選択肢を選び出すことが出来ます。


 

Page top