道路×AI

Project | 道路

産業と暮らしの大動脈である道路。。日々の移動を支える道路は様々な形で守られています。甚大な事故を防ぐための損傷個所点検や、スムーズな移動を促進するための渋滞予測など、これらの業務は熟練の職人によって行われています。グリッドは独自のアルゴリズムによって、これらをAIによって自動化し支えます。

 

高速道路

 

交通混雑期や渋滞カレンダー等数ヶ月以上先の渋滞予測は、従来は渋滞予報業務を行う渋滞予報士が、過去の渋滞実績を重ね合わせて、道路状況の変化、周辺イベントの状況等を考慮した上で判断、予測しています。
グリッドでは、渋滞発生に大きく影響しうる過去の要因データを学習させることで、将来のある日時、場所における、渋滞発生の有無や程度を予想するAI渋滞予測システムを開発しています。

 

関連プレス「グリッドとNEXCO東日本 日本の高速道路会社初のAIを用いた交通混雑期等の渋滞予測技術の開発に成功」

 


 

橋梁点検

 

非破壊で橋梁の鉄筋コンクリート床版上面の損傷箇所を判定するシステムを構築。これにより点検現場で損傷個所の判定結果を確認することができ、調査から解析までを一貫して現場でおこなうことが可能となります。

 

関連プレス「国交省の性能カタログ掲載、AIを活用した 床版上面の損傷箇所判定システムを開発」

Technology ▸

Page top