社会インフラ×AI

Project | 社会インフラ×AI

グリッドはAI技術で社会インフラの計画業務を最適化します

 

私たちの安定した暮らしはインフラによって支えられています。
そしてインフラが、インフラとしての機能を発揮するために、熟練の技術者たちによって様々な稼働計画が策定されています。その計画に基づいて、物流が動き、エネルギーが供給され、工場のラインが稼働するのです。
どの計画も日々変化する複数の要素を考慮しながら、目的に併せた最適な計画を策定する、多大な時間と労力がかかる専門性の高い業務です。グリッドはインフラの基盤となる計画業務をAIによって最適化、自動化しインフラを支えます。 

最適化とは
インフラ分野の計画業務では、ある状態が「最も適した状態」かどうかを複数の指標で判断することが殆どです。例えば輸送計画策定では、輸送対象の需要と供給のバランスに鑑み、輸送コストを最小にしながら、最速で到着するルートの策定を行います。このように最適な状態をひとつの指標だけではなく、複数の指標をもって判断します。かつ、各指標について計算するために複雑なビジネスルールを考慮する必要があります。そのため、最適化を図るには非常に複雑な計算が要求され、従来の方法では困難であると言えます。

 


 

インフラ×AIがもたらす価値

業務全体最適化によって、あらゆる無駄をカット。
インフラという大規模領域では数%の効率化が、大幅なコストカットにつながります

グリッドの最適化は、作業の一部分を効率化するのではなく一連の業務を最適化することが可能です。その為、事業全体の効率化に寄与することができ、大きなビジネスインパクトをもたらすことが期待できます

大規模インフラを支える為に、膨大なエネルギーが使用されています。最適化による業務効率化が、エネルギー量削減につながります

社会インフラの計画業務を担当される方々は、少人数で多大な時間をかけて業務を遂行している場合も多くあります。計画業務をAIが支援することで、労働時間を削減し、負担緩和につながります

インフラ業務を最適化させることで、その領域自体を大きく進化させることができます。
社会の基盤であるインフラの進化は、ひいては社会そのものを進化させサステナブルな社会の実現に貢献できると私たちは考えています。


 

グリッドの最適化ソリューション

人間の熟練技術ノウハウをデジタルツインで再現

グリッドでは大規模かつ複雑な制約条件が数多く存在する社会インフラの計画業務を最適化するために、独自の先端AI技術とデジタルツイン技術を融合させた最適化技術を用います。

熟練技術者の方がこれまで培ってきた経験に基づくノウハウを、実ビジネスが完璧に再現されたデジタルツイン上に落としこみます。
このデジタルツイン上では、あらゆる状況下での対応を自律的に学習したAIが最適な計画を瞬時に策定します。

 

高度で複雑な計画業務の策定を行ってきた熟練技術者の経験と勘、いわば人間の知能をデジタルツインの世界に吹き込みます 計画業務策定の舞台となる現実世界のオペレーションを忠実な物理法則を反映させ緻密に再現します。 完璧にオペレーションが再現されたデジタルツイン上で、業務に即したアルゴリズムで、AIが最適な計画を導き出します
インフラ系出身のエンジニアが多数在籍。さらに多様なインフラ分野の開発プロジェクトの実績により豊富なドメイン知識を有しています 産学連携で、研究開発に取り組み常に最新の物理学の知識をインプット。緻密な計算によって、デジタルツインの世界を構築します AI黎明期より、独自のプラットフォーム、アルゴリズム開発を手掛けており、多様な機械学習の知見が蓄積されています

 

社会インフラ業務を最適化するには、高度なスキル、ノウハウが必要です。グリッドは「社会インフラのドメイン知識」、実ビジネスを再現できる「物理学の知識」、そして、これまで100件以上に及ぶ社会インフラのプロジェクトを手掛けた実績に裏打ちされた確かな「機械学習のスキル」をもって最適化を可能にします。

Technology ▸

 


 
 
グリッドの注力領域

 

Page top