サプライチェーン

SCM

暮らしと経済に大きく関わるサプライチェーン。 原材料の仕入れから製品の生産、そして私たちの手元に商品が届くまで、 各拠点で熟練の技術者たちが、日々変動する様々な要素を考慮しながら 膨大な労力をかけて計画業務を運用しています。 グリッドは、サプライチェーンに関わる全てのオペレーションを AIによって最適化し、暮らしを支えます。

Subject

サプライチェーン・マネジメントの課題

1

想定外のリスクへの対応

突発的に発生する様々な変化に臨機応変に対応することは困難であり、時には生産ラインの停止を余儀なくされることがあります。不確実性の高い時代だからこそ、様々なリスクを事前に検討する対応力が求められています。

2

2024年問題

ドライバーの労働時間を規制する法律が2024年より施行されることで、1日の輸送可能時間が減少し、物流の停滞が発生しやすくなることが予想されます。ECサイトの利用増加により、複雑な物流網を必要とする小口配送が増加する中、より短時間での効率的な輸送が必要となります。

3

連携不足

サプライチェーンにおいて拠点ごとに情報が管理され、拠点間で適切な情報連携がなされていない結果、仕入れから出荷までの全体を通しての最適化が難しい状況となっています。突発的な事象に迅速に対応するためにも、サプライチェーン全体での情報集約基盤の構築とこれによる情報連携が求められています。

Solution

GRIDが提供するソリューション

シミュレーション

現場のオペレーションをデジタルツイン上に再現緻密に再現されたデジタルツインによって、あらゆる状況下での行動を試すことが可能に

AI最適化

シミュレーター上で、設定したKPIに応じた最適なオペレーションをAIが導き出す

シナリオプランニング

不確実な未来に備えて、複数の需要予測シナリオをAIが擬似生成。シナリオに対応した最適な計画を算出し、その結果を分析することでロバストな計画を立案可能に

ReNom APPS

デジタルツイン・最適化ソリューションをSaaS化

Introduction

導入例

調達計画

納期遵守を実現しながら業務効率化。生産に必要な材料・部品・原料の調達について、「いつ、どの材料を、どの量で、どのサプライヤーから、どの拠点に調達するか」をAIによって最適化。

配合計画

配合最適化による品質向上。原材料在庫、製品在庫、製品需要など日々変動する要素を考慮しながら、原材料について「どの程度の量で、どのように組合せるのか」の最適な配合計画をAIによって導き出します

生産計画

収益最大化を実現し業務を効率化。生産計画のなかでも、特に突発的な変動による計画修正が日々発生する小日程計画業務について、「いつ、どのように、どのラインで、いくつ生産するか」の生産計画を最適化します。

積載計画

安定供給を実現しつつ輸送効率化。物流スケジュールに応じた積み揚げの順序やルールを考慮し「どの製品を、どの順序で積載するか」、積み荷計画を最適化します。

GRIDのテクノロジーは
多くの企業とその現場で使われています

予測振れ幅を考慮した販売予測のAIシステム開発検証

オムロン
SCM

福岡市中小企業等DX促進モデル事業として「AIによる発注計画の自動化」を検証

ふくや
SCM

Document Request

資料請求

デジタルツイン・最適化の導入方法から
ビジネスインパクトまで分かりやすくまとめた資料です。

お問い合わせはこちら

株式会社グリッド
〒107-0061 東京都港区北青山3-11-7 Aoビル6F