「ReNomIMG」の最新版となるversion2.0のリリースのお知らせ

NEWS

~画像分類モデルとセグメンテーションモデルをGUIから構築可能に~

AI開発プラットフォームReNom(リノーム)の画像認識AI開発ツールとして提供している「ReNomIMG(リノームイメージ)」のメジャーアップデート版となるversion2.0をリリースしました。「ReNomIMG」は、画像内から物体を検出するAIを、GUIを通して簡単に構築可能なアプリケーション、且つ、画像認識アルゴリズムPython APIからなる画像認識AI開発ツールです。今回リリースした version2.0 は、オブジェクト ディテクションモデル(Object Detection)を構築する機能以外にも、画像分類モデル(Classification)とセグメンテーションモデル(Segmentation)を構築する機能を追加しました。これらの機能追加により「ReNomIMG」は、オブジェクト ディテクションモデル、画像分類モデル、セグメンテーションモデルを構築することが可能となり、画像認識技術の領域を網羅する機能がセットされ、よりビジネスに役立つ有用なツールとなりました。

 

これまでモデルを構築することは、プログラミングのスキルやコーディングの理解が求められており、誰でも簡単に実装することは難しいことでした。しかし、GUIからモデルを構築できる「ReNomIMG」を活用することで、プログラミング工程を省くことやクリック操作で簡単にモデル構築が可能となり、モデルの構築時間を数か月から数日へ大幅に短縮することや、AIエンジニアではなくても誰でもモデル構築ができるようになります。また、ReNomIMGによって作成したAIモデルはPythonプログラムから使用することも可能となっております。

 


<ReNomIMGがサポートしているアルゴリズム>

●画像分類(Classification)※今回のバージョンアップにてサポート
画像分類とは、与えられた画像を分類するタスクです。 ReNomIMGがサポートしている画像分類アルゴリズムは、「 VGG161」 「VGG191」, 「ResNet2」, 「ResNeXt3」です。

[1] VERY DEEP CONVOLUTIONAL NETWORKS FOR LARGE-SCALE IMAGE RECOGNITION

https://arxiv.org/pdf/1409.1556.pdf

[2] Deep Residual Learning for Image Recognition

https://arxiv.org/abs/1512.03385

[3] Aggregated Residual Transformations for Deep Neural Networks

https://arxiv.org/abs/1611.05431

●セグメンテーション(Segmentation)※今回のバージョンアップにてサポート
セグメンテーションとは、画像内の領域の意味を識別するタスクことです。ReNomIMGがサポートしているセグメンテーションアルゴリズムは、「FCN84」「FCN324」 「 FCN164」です。

[4] Fully Convolutional Networks for Semantic Segmentation

https://people.eecs.berkeley.edu/~jonlong/long_shelhamer_fcn.pdf

[5] Motion-based Segmentation and Recognition Dataset

http://mi.eng.cam.ac.uk/research/projects/VideoRec/CamVid/

 

オブジェクト ディテクション(Object Detection)
オブジェクト ディテクションとは、どのような物体が画像のどこに映っているのか検出するタスクです。 ReNomIMGがサポートしているオブジェクトディテクションアルゴリズムは、「YOLO5」 「YOLO25」「SSD6」です。

 [6] Darknet: Open Source Neural Networks in C

https://pjreddie.com/darknet/

[7] SSD: Single Shot MultiBox Detector

https://arxiv.org/abs/1512.02325

 

<ReNomIMGの応用事例>

  • 製造分野:製造工程におけるキズ・破損の画像から検品を自動判別します。
  • 交通分野:車両に掲載したカメラに映し出された路面の不具合を検出します。
  • インフラ分野:ドローン映像を使った橋梁・橋脚の腐食やひび割れの外観検査をサポートします。

 

今後は、更に画像認識アルゴリズム拡張と研究開発に取り組み、引き続き、ユーザーに使いやすい環境をサポートして参ります。


■ReNomIMGについて
ReNomIMGとは、物体検出AIに対してアプリケーション画面を通して簡単に構築することができるアプリケーションツールです。物体検出AIの構築に必要なプロセスのなかで、AIアーキテクチャの定義、パラメータの調整、評価を簡略化します。ユーザーは、目的ごとに学習用データ・セット用意するだけで、AI構築のフェーズに入ることができます。さらに、様々なパラメータを与えてAIを作成した後、統一的な評価指標により、それぞれのAIを比較することができます。このように、ユーザーは一連の作業をアプリケーションで完結させることができるので、物体検出AI構築のための大幅な工数削減が可能となります。


ReNomIMGの詳細はこちらよりダウンロードしてください。
ReNomIMG_V2.0_紹介資料


■ReNomIMGダウンロード リンク
https://github.com/ReNom-dev-team/ReNomIMG


■ReNom公式サイト

<ドキュメント>
http://www.renom.jp/

<GitHub>
ReNomはGitHubより、ダウンロードして頂くことが可能で、ソフトウェアのご利用にあたっては、事前にライセンスをご確認頂きご利用下さい。
https://github.com/ReNom-dev-team/ReNomIMG

 

Page top