【セミナーレポート】第1回ReNomセミナー@電通大

NEWS

2018年7月11日(水)、電気通信大学にて、弊社と電気通信大学i-パワードエネルギー・システム研究センター(i-PERC)主催「第1回ReNomセミナー」を、学生向けに開催しました。

今後の日本はIoTが更に加速し、高度専門技術を習得する学生が、データサイエンティストを目指す傾向が高いと考えられています。
ReNomセミナーは、AI開発やデータ分析をはじめ、AI開発プラットフォーム「ReNom」をどのように活用していくべきなのかを自ら考え、実践することを目的としています。そして、ReNomチュートリアルを学内の様々な講義や、卒論や修論、そして就職活動にも活かすことを期待しています。

当日のセミナーは先ず、弊社CTO 兼 電気通信大学i-パワードエネルギー・システム研究センター 准教授 曽我部よりオリエンテーションを行いました。
電通大と弊社は、共同研究を進めています。

そして、弊社エンジニア 諏訪より「ReNom DL」「ReNom TAG/IMG」について紹介しました。
参加した学生には、「ReNom TAG」を活用すると検出したい物体にショートカットキーでタグが簡単に付けられることや、「ReNom IMG」はアルゴリズムにYOLO2を追加したことによって学習スピードと精度がアップしたことに興味・関心を示していただきました。

続きまして、弊社エンジニア沼尻より、「ReNom TDA」「ReNom DP」について紹介しました。
「ReNom TDA」は、データの直感的理解を助けてくれるツールです。数値データは多次元で特徴を捉えづらいのですが、TDAを活用すると次元削減をして、特徴をえることが可能となるので、様々な分野での応用がスタートしています。

そして最後に、弊社プロジェクトマネージャー 宮本より「 ReNom チュートリアル」について紹介しました。「ReNomチュートリアル」は、AIを開発する上で基本的な知識を整理し、実際に動くプログラミングコードを今後益々オープンにしていく予定なので、楽しみにして頂けると幸いです。

 

ReNomは、誰でも簡単に使えるようにする事と、高度なアルゴリズムを組み合わせて使える事を、目指しています。そして、ディープラーニングに限らず、最適化問題、深層強化学習、生成モデルなどのアルゴリズムから 、様々なデータプレパレーションに対応する前処理ユーティリティーなど、ユーザに使いやすい環境をサポートしていきます。

 

 

 

 

Page top