【出展レポート】展示会「第2回AI人工知能EXPO」

NEWS

GRIDは、2018年4月4日(水)~6日(金)に東京ビッグサイトで開催された「第2回AI・人工知能EXPO」(リード ジャパン株式会社主催)に出展しました。

AI・人工知能EXPOとは、社会的にも非常に注目されているAI ・人工知能に関する専門展です。

今回のブースは、GRID以外にもセールスパートナー企業のCTC社、TIS社、丸紅社・丸紅情報システムズ社、三井情報社、ユニアデックス社や、データプレパレーションアウトソースサービス「tag.ai」がブースを出展し、機械学習/深層学習AI開発プラットフォーム「ReNomを大々的に打ち出しました。

会期中は、定期的にReNomブース内セミナーを実施し、弊社とセールスパートナー企業5社より、ReNomを活用した事例紹介をはじめ、「ReNom TDA」「ReNom TAG/IMG」「ReNom DP」「ReNomチュートリアル」について紹介しました。

セミナーにご来場された方々からは、「ReNomTDAで高次元データを可視化できるのは便利そう。」「画像分析を行う時に必要な教師データを作成できるReNomTAGを試してみたい。」「ReNomチュートリアルをエンジニア育成に活用してみたい。」などのお声を頂戴したり、その場で4月12日に開催するReNomユーザーコミュニティRNUGへ参加申し込みを頂くなど、好評をいただきました。

ブース内では、ReNomの最新情報や、WEBアプリケーションのサービス、現在取り組んでいる様々なプロジェクトについて、事例を交えながらスタッフが丁寧に紹介し、真剣に耳を傾けて頂いている姿が印象的でした。

また、4日・5日と連日「出展社による無料公開セミナー」にエバンジェリストの蝦名が、「AIプロジェクトを成立させるために知っておくべきこと」と題して登壇し、前例の少ないAIプロジェクトを成立させるために必要な観点を実体験を元に、60分間紹介しました。

GRIDは、引き続き、 人工知能を誰でも使えるように一般化する事と、より高度なアルゴリズムを開発しさらなるブレークスルーを生み出す事を目指し、社会や人々の生活を支える「インフラ」に「イノベーション」を起こし、生活「LIFE」をもっと豊かにしていけるように尽力いたします。

3日間で約46,000人が来場され、AI EXPO自体が物凄い熱気に包まれており、AIの普及が益々加速していくと体感した3日間でした。

ReNomブースに足を運んで頂いた皆様、どうもありがとうございました。
スタッフ一同感謝いたします。
また、皆様にお会いできることを楽しみにしております。

 

Page top