【登壇レポート】「AIBPC Meetup summer2019」に弊社代表取締役社長 曽我部が登壇しました。

NEWS

2019年7月26日(金)   イトーキ東京イノベーションセンターSYNQA(東京都中央区京橋3-7-1 相互館110タワー 1-3F)にて開催されたAIビジネス推進コンソーシアム主催「AIBPC Meetup summer 2019」に弊社代表取締役社長 曽我部が「AI×倫理のワーキンググループ取組み紹介」について登壇、また「日本企業でAI導入が進まない問題点」をテーマにしたパネルディスカッションにてパネラーとして登壇致しました。

 

本イベントでは、1部はAIBPCの4つのワーキンググループである「教育・育成WG」「AI DevOps環境検討WG」「AI×知財WG」「AI×倫理WG」の活動内容について各代表者より紹介、2部はゲストによる講演、パネルディスカッション、3部は懇親会という構成プログラムで行われました。

曽我部が登壇致しました「AI×倫理WG」では現在の活動内容と今後の展望について紹介致しました。

本ワーキンググループは今年度より設立され、AIを提供や活用する立場として、企業としてのAI倫理に対する考え方やスタンスを明確にした上で、実際に自社へ導入する仕組み作りを行うという目的の下活動を行っています。具体的には、世界各国や各団体によって定められているAI倫理を、正しく理解する事から始め、AI開発におけるアカウンタビリティを確立し各社の倫理規程へ落とし込んでいく事を目指すと紹介致しました。

つづいて「日本企業でAI導入が進まない問題点」をテーマにしたパネルディスカッションでは、ファシリテーターにユニアデックス株式会社 エバンジェリスト 高橋 優亮氏、パネラーに株式会社ブレインパッド 代表取締役社長 草野 隆史氏、connectome.design株式会社 代表取締役社長 佐藤 聡氏と共に登壇致しました。

「一部分のみで進むAI」、「KPIをどの様に設定するか」、「PoC(概念実証)以降進まない理由」について主にディスカッション致しました。漠然とAI導入を目指すのではなく、AIで解決出来ることと現状の課題を結び付けて考える必要性があることが三者から上がり、何故導入するのか理由を明確化する重要性を改めて考えさせる議論となりました。

グリッドでは、自社のAI技術発達だけでなく業界全体でAI技術・理解の発展の為にこうした活動を行い、AI発展そのものに貢献できる様社会に還元して参りたいと考えています。

■AIBPCのHPはこちらになります。
http://aibpc.org/

Page top