【登壇レポート】モバイルコンピューティング推進コンソーシアム AI&ロボット委員会主催「8月期AI&ロボット委員会 定例会」に弊社AIサービス開発グループの角が登壇しました。

NEWS

2018年8月31日(金)に開催された、一般財団法人 機械振興協会(東京都港区芝公園3-5-8)にて、モバイルコンピューティング推進コンソーシアム AI&ロボット委員会主催の「8月期AI&ロボット委員会 定例会」に、弊社AIサービス開発グループの角が「機械学習/深層学習AI開発プラットフォーム「ReNom」について」と題し講演をしました。

今回の講演は、モバイルコンピューティング推進コンソーシアム (以下:MCPC)という通信キャリアを中心に150社ほど集まっているコンソーシアムでAI&ロボット委員会 委員長の森山様より、AIの普及促進やセールスで苦労なさっているポイント等について紹介してほしいと連絡を頂き、実現した講演です。

当日は、「ReNom」の概要や「ReNom TDA」「ReNom TAG」「ReNom IMG」「ReNom DP」等の各種ツールの紹介と、社会基盤のインフラのプロジェクトの事例紹介を中心にお伝えしました。ツールの中でも特に「ReNom TDA」に興味関心を示された参加者の方が多く、「データを可視化するのに使いやすく理解の助けになりそう」「ビジネスの現場で役立ちそう」といった感想を頂きました。また、AIビジネスの利用促進を目的に活動しているAIビジネス推進コンソーシアム(AIBPC)にも注目して頂き、共創の機会が増えれば良いと感じました。

このような貴重な機会を頂いたMCPC AI&ロボット委員会主催の森山様に厚く御礼申し上げるとともに、当日ご参加頂いた皆さま、どうも有難うございました。

弊社は今後も様々なセミナーへの登壇やイベント出展など行っていく予定です。また、皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

Page top