【登壇レポート】富士通エフサス社主催「テクニカル・カンファレンス」に弊社代表取締役 曽我部が登壇しました。

NEWS

2018年12月5日(水)に開催されたみなとみらいInnovation & Future Center(横浜市西区みなとみらい2-3-3 クイーンズタワーB棟9階)にて、富士通エフサス社主催「テクニカル・カンファレンス」の「AIをもっと身近に感じよう~こんなにも使えるぞAI~」をテーマとしたシンポジウムに、弊社代表取締役 曽我部が登壇しました。

 

主催の富士通エフサス社が、先進技術の探究や新しいビジネスモデルの創造や技術伝承・後進育成を目的としたFSASプロフェッショナル・コミュニティの活動をされています。今回は、コミュニティに参加されている中でも、AIテーマに取り組んでいるSEメンバーや、運用サービスの業務改善にAI適用を検討しているメンバーを中心とした約20名が参加した「テクニカル・カンファレンス」にて、弊社曽我部よりAI活用ソリューションやプロジェクトの事例について紹介しました。具体的には、お客様の本当の課題を引き出す方法や、引き出した課題からAIプロジェクトの発足に進めるポイントなど、実際のビジネスで困っていることに対するヒントを、プロジェクトの事例に当てはめながら、ひとつひとつ解説しました。

 

受講生からは「AI適用を検討しているうえで、役立つノウハウを聞くことができた。」「プロジェクトマネージャーの役割の重要性を再認識することができた。」「プロジェクトの推進方法のイメージが沸いた」などの感想を頂き、有意義な60分になりました。

このような貴重な機会を頂いた富士通エフサス社の皆様に厚く御礼申し上げるとともに、当日ご参加頂いた受講の皆さま、どうも有難うございました。

弊社は今後も様々なセミナーへの登壇やイベント出展など行っていく予定です。また、皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

Page top