【登壇レポート】株式会社エネルギーフォーラム主催「エネルギーデジタル革命の最前線と将来展望」のセミナーに弊社代表取締役 曽我部が登壇しました。

NEWS

2018年7月31 日(火)にTKP新橋カンファレンスセンター (東京都港区西新橋1-15-1 大手町建物田村町ビル)で開催された株式会社エネルギーフォーラム主催「エネルギーデジタル革命の最前線と将来展望」にて、弊社代表取締役 曽我部が、「エネルギー分野における人工知能の活用」と題し登壇しました。

AI開発基盤である「ReNom」の紹介からはじまり、セミナー参加者の皆さまが、エネルギー分野に携わっている方々なので、弊社が注力して取り組んでいるエネルギー分野のプロジェクトの事例と、今後注目を集めるバーチャル・パワー・プラント(VPP:仮想発電所)について解説しました。VPPの実証事業が本格的に始まると、新しいエネルギー社会の到来を感じワクワクします。

ReNomがエネルギー分野にどのようなインパクトを与えることができるのか、引き続き心待ちにして頂けると幸いです。

ご来場頂いた皆様、誠にありがとうございました。今後も、様々なイベントに登壇や展示ブースの出展などを行う予定ですので、またお会いできることを楽しみにしています。

最後に改めて、このような機会を頂いた主催の株式会社エネルギーフォーラムの皆さまへ感謝申し上げます。

Page top