経済産業省とAI倫理について意見交換をしました

NEWS

先日、AI活用を推進する一般社団法人AIビジネス推進コンソーシアム(以下、「AIBPC」)の代表理事を務める、弊社代表曽我部が経済産業省 商務情報政策局 情報経済課の「我が国のAIガバナンスの在り方 ver. 1.0(AI社会実装アーキテクチャー検討会 中間報告書)」取りまとめご担当の方と国内のAIガバナンス、AI倫理について意見交換を行いました。

AIBPCではAI活用推進のために複数のワーキンググループを運営しており、そのなかのひとつ、AI倫理ワーキングループにおける取組みをもとに今回の意見交換を行いました。AI倫理ワーキンググループ参加企業では、2019年よりビジネス上でのAI開発や活用において発生しうる倫理課題を明確にし、実際にどのように自社で課題を捉え、対処すべきかについての仕組みづくりを行っており、曽我部は本ワーキンググループのグループ長も務めております。

今回の意見交換は産業側の見解を述べる貴重な機会となりました。
グリッドにおいても、AIを推進する上でAIガバナンス、AI倫理の課題に向き合うことは重要と考えており今後も真摯に取り組んでまいります。

Page top