代表取締役監修、電気通信大学曽我部東馬准教授著書「Pythonによる異常検知」発売のお知らせ

NEWS

弊社、代表取締役曽我部完が監修を務め、電気通信大学曽我部東馬准教授による著書『Pythonによる異常検知』が、オーム社より2月26日に発売されます。
本書は、機械学習による異常検知の基本と応用がわかる内容となっております。

書籍『機械学習による異常検知の基本と応用がわかる』とは

「異常検知」は機械学習を用いた応用分野で、あらゆる分野における課題解決を実現できる手法のひとつです。しかし、「異常検知」の専門書の多くは高度な数式で表現されており、難解です。本書は、一見堅苦しい「異常検知」の分野を機械学習の基本である「誤差と誤差関数」により紐解いています。誤差の観点から機械学習アルゴリズムを理解することで、「外れ値とはなにか」「閾値はどのように設定すればよいか」といった異常検知における手法の基本を自然と把握できるように構成しています。

基礎から入り、実際に時系列データを分析する際の手法と注意点(第3章)や、深層学習を用いた応用手法(第4章)といった実践的な内容まで踏み込み、最終的には自ら異常検知システムを構築できるよう導きます。
全例題Pythonのコード付きなので、例題を実行しながらハードルの低い内容から実践的な内容までフォローできる入門書です。

■本書の特徴
・誤差を中心に機械学習の原理を理解することで、異常検知の基本的な概念が自然と理解できます。
・基本的な原理(第1章・第2章)だけでなく、実践的な手法(第3章)や最新の手法(第4章)まで学ぶことができます。
・全例題Pythonコード付きなので、手を動かしながら学習することができます。

詳細及び購入はこちら

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274225413/

 

 

Page top