グリッド、2021年度NIKKEI脱炭素アワードプロジェクト部門 大賞を受賞

NEWS

株式会社グリッドは、日本経済新聞社が主催する「NIKKEI脱炭素アワード2021」の「プロジェクト部門」で大賞を受賞したことをお知らせ致します。

 

「NIKKEI脱炭素アワード」は脱炭素社会の実現を後押しする「NIKKEI脱炭素(カーボンZERO)委員会」による表彰で、脱炭素の実現に向けて意欲的に取り組む企業や団体の活動支援を目的としています。

グリッドは、「プロジェクト部門」にて「CO2削減と経済合理性を実現する「デジタルツインシミュレーター」を用いたプロジェクト」で大賞を受賞致しました。
グリッドでは、二酸化炭素(CO2)排出量を「見える化」した後、どのような対策を講じ、削減を実現していくか、計画・実践・分析する必要があると考え、独自のA I技術であるシナリオプランニング・デジタルツインシミューレーター「ReNom GX」を活用し、排出量だけでなく、本業への影響(売り上げ・原価・利益・在庫・投資など)を分析し、複数のシナリオから最適な選択肢を選ぶことで、CO2排出量の削減と生産コスト削減の両方を可能としました。
既に、配船、電力、生産、サプライチェーン、交通、スマートシティーといった産業分野で検証、開発、導入を開始しております。

■「ReNom GX」お披露目となる「第一回脱炭素経営EXPO」出展について
展示会:第一回脱炭素経営EXPO(スマートエネルギーWeek同時開催)
日時:3月16日(水)〜18日(金)
場所:東京ビッグサイト
■「ReNom GX」 EXPO会場内での無料セミナー

日時: 3月16日(水) 15:00 – 15:30
会場: 脱炭素経営実現セミナー 会場B
内容:「CO2削減と生産コスト削減を実現する脱炭素DX最前線」

Page top