トヨタ自動車と量子機械学習の研究分野で協業

NEWS

株式会社グリッド(本社:東京都港区、代表取締役:曽我部 完、以下「グリッド」)は、トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、以下、「トヨタ自動車」)と量子機械学習の研究において協業したことをお知らせいたします。

量子コンピュータの研究開発では、量子コンピュータには指数関数的に増える多数の計算処理能力という強みがあると考えられている一方で、AI(機械学習)の分野でも、従来の古典コンピュータよりも、特徴抽出器として高い精度を示す可能性が示唆されており、同分野においても量子コンピュータの活用に高い関心が寄せられています。
このような量子機械学習を、画像認識などの分野に加えて、最適化問題や、化学計算、材料開発分野に適応していく事で、従来手法では成し得なかった高精度な計算の実現が期待できます。

AI開発と量子コンピュータアルゴリズム開発における豊富な経験を有するグリッドは、トヨタ自動車と、量子機械学習の手法を用いることで、量子コンピュータが持つ利点をより倍増させることができると期待し、様々な分野での可能性を見出すべく協業いたします。

グリッドは、トヨタ自動車と本協業を通して、量子機械学習における新たな価値提供を目指して参ります。

Page top